simple house(減築・リノベーション)


中古住宅(リフォーム済)として購入した、築30年は超える住宅のリフォーム。

購入時に住んでいたお子様も巣立ち、今後の生活を考えると、今より大きな住まいもいらない事から、ご夫婦2人が十分に住めるだけの面積・間取りで再度リフォームしたいとのこと。

そのため、今回減築にによる間取り変更はもちろん、構造・環境に重点をおき、構造体の見直しや断熱性を第一に検討、計画している。

構造は瓦の葺き替えにより荷重を軽減し、また既存屋根を最大限に活用した上で、シンプルな屋根形状とし、構造的に有利な形としている。また、基礎部分も布基礎以外が土という昔ながらの形状であった事から、コンクリートを敷き詰め既存に緊結する形としている。

断熱材は屋根・壁共吹付断熱材を使用し、気密性・断熱性能を向上させている。

type : house renovation
Selectshoplocation : 福岡県
date : 2018
size :
photo :

【外観】
既存瓦を変更し屋根を軽く、
アプローチ部分をシンプルに変更する事で
構造的に有利にしている。

その他、既存庇を撤去、庇を延長、夏場の日差しを考慮している

【工事前】

【工事前外観】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です